サッカー天皇杯、仙台に2つの波乱

昨日はサッカー天皇杯の試合がありました。

J1のチームも登場し始めました。

毎年あることですが、J1のチームがよくわからない超格下のチームに負けるという波乱が今年もありました。

まさか地元のベガルタ仙台がその失態をしてしまうとは。

関西リーグ所属の奈良クラブとユアテックスタジアム仙台で対戦しましたが、1-2で敗れてしまいました。

敗退の最大の原因は気持ちの部分でしょうね。

罵声を浴びせるのは他の人に任せて、この敗戦がリーグ戦で最大限に生かされることを願います。

もうひとつの波乱は、JFL所属のソニー仙台です。

J1の鹿島アントラーズと対戦し、PK戦の末、勝利してしまいました。

鹿島からすれば最悪の試合、ソニー仙台からすれば最高の試合ということになるでしょうね。

何よりも鹿島から2点も取ったというのが素晴らしいです。

JFLのチームでも天皇杯に優勝したらACLに出場するのでしょうか。

まあそういうことはベスト4くらいになったときに考えたいと思います。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連記事はありません

Menu

HOME

TOP